いつも若い社員に伝えていることは、新聞や雑誌などに目を通し、今、世の中でなにが動き話題になっているか、常にアンテナを張るということ。人の話に耳を傾け、情報収集することは知識を豊かにするだけではなく、広い心を育てることにつながります。
聞く、見る、読む、そして最終的にそれを自らの言葉で発信することができれば、自分自身もそして国そのものも伸び、世界的に高い水準の文化が保たれると信じています。